鎮痛薬の正しい知識を持ちましょう

がんの痛み治療には、鎮痛薬を使用します。使用される鎮痛薬は、鎮痛効果が比較的穏やかな歯痛などに使用されるお薬から、鎮痛効果が強い医療用麻薬モルヒネのようなお薬が使われます。
これは、痛みの強さに応じて、それぞれの患者さんの痛みがとれる鎮痛効果があるお薬が使い分けられているのです 。(WHO方式の痛み治療法:鎮痛薬の3段階ラダー)

強い痛みのある方に使用する医療用麻薬は中毒にはなりません(科学的に証明されています)

がんの痛みのような、慢性的に続く強い痛みのある方に、医師が適切に処方する医療用麻薬では中毒(依存)になることはありません。これは科学的に証明されています。
強い痛みのある方の頭の中には、モルヒネなどの医療用麻薬で中毒にならないようなホルモン(ダイノルフィン)が常に放出されているからです。
逆に、痛みのない方が不正に麻薬を使用すると、快楽物質(ドパミン)が過剰に放出され、頭の中の神経が破壊され、中毒(依存)になります。

医療用麻薬の正しい知識を持っていれば、がんを患った場合でも、安心して痛み治療を求めることができるのです。

医療用麻薬と不正麻薬の違いを知ってください

「麻薬」といえば、覚せい剤や大麻などのような、闇で取引されている怖い薬物と混同されているケースが多く見られます。
医師の処方で使用される、私たちにとって必要な「医療用麻薬」と、「不正麻薬・覚せい剤など」の違いを知ってください。

まとめ:がんの痛み治療について

がんの痛みは、適切な治療で和らげることができます。がん患者さんだけでなく、がんを患う可能性のある全ての方に“がんの痛み治療”の存在を知っていただき、“がん”と診断されたとき、“がん治療(手術や抗がん剤治療など)”と同時に、“痛み治療”のことをお訊ね頂きたいのです。なぜなら、痛みが取れてはじめて、“がんと向き合う”ことが出来るとと、私たちは考えているからです