事業紹介

緩和ケア推進コンソーシアムは、テーマ毎にワーキンググループを設置し、活動を行っています。

広報ワーキンググループ

「がんの痛み治療」の正しい情報を効果的に伝える方法を探る緩和ケア推進コンソーシアムは、2008年から緩和ケア普及啓発オレンジバルーンプロジェクト(OBP)の応援を行なっています。
2007年4月「がん対策基本法」が施行され、がん患者の療養生活の質の維持と向上を目的として、「緩和ケア」を推進していくことが定められました。オレンジバルーンプロジェクトは、厚生労働省が計画した普及啓発事業であり、患者を含めた一般の方々を対象に、「緩和ケアは死を待つだけのあきらめの医療」などといった誤った考え方を改め、「緩和ケア」の正しい知識を持つことを目的としています。当コンソーシアムは市民セミナーの協賛・運営のお手伝いやマスメディアの方々にオレンジバルーンを取り上げてもらうための広報活動にも力を入れています。
これまで、がん性疼痛緩和推進の立場から、より多く方々に「がんの痛み治療」の情報を伝える取り組みを展開して参りましたが、今後は、「緩和ケア」の普及に向け、より 一層、メディアや、日本緩和医療学会をはじめとする関連学会など、各方面の方々との連携が重要だと考えています。平成26年度からは、国立がん研究センターとの包括的連携に関する協定を締結するなど、産官学の連携の更なる強化のもと、積極的に情報発信を行っています。
また、コンソーシアムの取り組みをより多く方々に知っていただくために、Webサイトのコンテンツの充実をはかり、パンフレットを作成するなどの活動を進めています。