設立目的

日本のがん患者さん、そのご家族および“がん”を患う可能性のある全ての方々に、緩和ケアに関する正しい情報を伝えることで、「全てのがん患者さんを痛みから解放されること」の実現を目的とします。
多くのがん患者さんやそのご家族が、十分なケアを受けることのないまま、苦しみながらがんと闘っておられます。この背景は “緩和ケア”に対する誤解や正しい情報が広く伝わっていないことによる弊害が原因だと私たちは考えています。全国どこに住んでいても“身体や心の様々なつらさに苦しむことのない日本”にするためには、がん患者さんやそのご家族だけでなく、がんを患う可能性のある全ての人に“緩和ケア”というものについて知ってもらうことが大切だと考え、私たちは企業の枠を超えて“緩和ケア”の普及に取り組むことを決意しました。